アドラー心理学 イライラしない、すくすく子育て

アドラー心理学などから学び、日々悩みながら5歳の娘の子育てを実践しています

01fcf289a1e1833002e41868d8d488ff_s

おすすめ子育て本 論理:アドラー心理学と子育て

育児に悩んでいる人は「嫌われる勇気」を読むと気が楽になるかも

2015/10/25

「無意識に子供に対して怒ってしまうのはなぜなのか?」そんな悩みを抱えていたときに、Kindle版の嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
を手に取りました。

育児本ではないですが、育児に活かすことができる情報に満ち溢れていました。

子育ての目的は、子どもを操作することではない

この本を読んだ後で、悩みを思い返してみると、
「怒りの感情を使って、子供を操作しようとしていた」ということに気付きます。

子供を操作することを目的に、育児をする親はいません。
自立した社会と調和がとれる大人になってもらえるよう願って育児をしています。

親の役目は、自立し社会と調和が取れる大人になれるように援助すること

本の中で哲人は
「馬を水辺に連れていくことはできるが、水を呑ませることはできない」
と繰り返し青年に語っています。

親は子供へ、様々な援助を通して水辺に連れていくことはできますが、子供へ介入をして水を呑ませることはできません。
この本のおかげで、自立し社会と調和がとれる大人になれるよう援助することが、親の役割だと考えられるようになりました。

あなたへのおススメ記事

子どもとの時間を確保するために時短家事をはじめてみませんか?

[時短ご飯] 簡単×おいしい×健康で人気の「手作りおかず」を試してみました

-おすすめ子育て本, 論理:アドラー心理学と子育て

よろしければ、「いいね!」をお願いします。