失敗は成功のもと。失敗に学ぶ子どもの育て方

アドラー心理学などから学び、日々悩みながら5歳の娘の子育てを実践しています

アドラー心理学 イライラしない、すくすく子育て

dc249102aa5495a21caf7598c92dfc76_s

子育て知恵袋

失敗は成功のもと。失敗に学ぶ子どもの育て方

更新日:

子どもはたくさん失敗をして成長する。失敗しない子どもは存在しない。みんな最初は失敗の連続。

寝返りをうとうと、なんども挑戦して失敗する。失敗してもあきらめずに挑戦し続ける。続けていると、次第にコツをつかんで寝返りがうてるようになるのだ。

子どもはいろいろなことで失敗して、どんどん成長するのだ。

大人は失敗を恥ずかしがる

大人は失敗を恥ずかしがる。最初は失敗ばかりだったのに。いつからか失敗を恐れるようになる。

自分が無能と思われたくないから。失敗した姿を見せるのが恥ずかしいから。理由は様々だが、失敗は恥ずかしいものだと信じ込むようになる。

大人は子どもの失敗を許せなくなるときがある

大人は子どもの失敗を許せなくなるときがある。子どもの失敗によって、親が後始末をしなければいけないとき。自分に被害が及ぶときは許せなくなる。

お皿を運んでいるときに、落として割ってしまったら、後片付けは親である。親としては1日に何度も後片付けはしたくないものである。

子どもが失敗すると、大人が残りを実施したくなる

子どもが失敗すると、大人が残りを実施したくなる。大人がやったほうが失敗の確率は下がるし時間も早い。

子どもがお皿を割ってしまった場合は、残りのお皿は親が片付けてしまう。そうすることで、本日2回目の割れたお皿の後始末をする必要がなくなるのだ。

本当にそれでいいのか?

子どもの失敗のきかいを奪うと、子どもは成長できなくなる

子どもの失敗のきかいを奪うと、子どもは成長できなくなる。成長する唯一の方法は、失敗を繰り返すことだから。

オムツトレーニングで失敗をしなければ、いつまでたってもオムツは取れないのだ。

親は子どもの失敗するきかいを多く与える必要がある

親は子どもの失敗するきかいを多く与える必要がある。一度失敗したら、二度失敗させる余裕が必要である。二度失敗したら三度失敗のきかいを与えるのである。

失敗の後片付けを引き受け、挑戦させて欲しい。もちろん、命がかかわるような挑戦はさせるべきではない。

子どもが失敗した場合の、最善の対処方は「もう一度やってごらん」の一言である。たくさん失敗のきかいを与えて成長してもらおう。

親も当然失敗する

親も当然失敗する。子どもの失敗を許せずに残りを自分でやってしまうような場合だ。次は「もう一度やってごらん」といえるように心がけよう。

たくさん失敗すれば、その分親も成長できる。

親も子どもも、たくさん失敗して、たくさん成長できるといいと思う。

よろしければ、「いいね!」をお願いします。



忙しいママにおススメの記事

子どもとの時間を確保するために時短家事をはじめてみませんか?

[時短ご飯] 簡単×おいしい×健康で人気の「手作りおかず」を試してみました

-子育て知恵袋

Copyright© アドラー心理学 イライラしない、すくすく子育て , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.