【子連れで離島旅行】行って分かった初島キャンプのお勧めポイント7つ

アドラー心理学などから学び、日々悩みながら5歳の娘の子育てを実践しています

アドラー心理学 イライラしない、すくすく子育て

初島アイランドリゾート

子連れ おでかけ・旅行

【子連れで離島旅行】行って分かった初島キャンプのお勧めポイント7つ

更新日:

先日家族3人で離島へ旅行に行ってきました。目的地は静岡県は熱海市にある「初島」。えっ、静岡なのに離島?という感じですが、都心から最もアクセスの良い離島が初島なんです。

そんな初島旅行に行って分かった、お勧めポイントをご紹介します。

初島の魅力1.東京から近い

初島は離島でありながら、飛行機を使う必要がありません。気軽にフェリーで行けちゃいます。東京から新幹線で熱海まで40分。熱海港から初島までフェリーで30分の近さです。

フェリーからみる熱海

フェリーからみる熱海

初島の魅力2.食べ物が美味しい

イカの鮮度がやばい

一番のおすすめは、活イカの刺身です。活イカとは、生きているイカのことです。店前に並んでいる水槽で泳いでるイカを取り出し、その場で調理して提供してくれます。

醤油をたらすとゲソが動く活イカ刺し

醤油をたらすとゲソが動く活イカ刺し

当然のことながら鮮度は抜群。どれくらい新鮮かというと、イカのゲソに醤油をかければビクビクッと動き出しちゃうほど新鮮です。また、イカのほぼ全てのパーツを刺身として提供してくれます。普段食べることがない、軟骨や目まで食べることができます。

食堂街は帰りに寄るのがおススメ

島に到着したらまずは腹ごしらえ、という人が多いのでフェリーを降りるタイミングによっては長時間並ぶことになるかもしれません。

1日目に食堂街に寄りたい場合は、フェリーを早めに降りるようにしましょう。

一番おススメなのは、二日目のお昼に立ち寄るパターンです。フェリーが到着する少し前に食堂街へ着けば、待ち時間なく好きなお店に入れるはずです。

島でとれた海苔が美味しいラーメン

島でとれた海苔が美味しいラーメン

初島の魅力3.ウォーキングが楽しい

漁師の食堂街で腹ごしらえをしたら、初島アイランドリゾートまで島の散策がてら歩くことになります。10分程度で到着しますが、この間にも島の魅力がたくさんあります。

極楽鳥にそっくりな花

食堂街から少し歩いたところに、極楽鳥にそっくりな花が咲いていました。ストレリチア(極楽鳥花)という花のようです。開花時期は4月から10月なので、1年の半分くらいの時期で見ることができます。

極楽鳥にそっくりな花

極楽鳥にそっくりな花

都内では見かけないシルエットのその花は、非日常空間にいる気分を盛り上げてくれること間違いなしです。

江戸城を支えた石

初島について目につくのは石の多さです。海岸はもちろんのこと、内陸部にもたくさんの石が転がっています。

この石はなんと、江戸城を修築するさいに切り出しされていたみたいです。わざわざ離島から石を調達しなくても、、、と思ってしまいますが、それだけ上質な石なんでしょうか?

江戸城の修築につかった石

江戸城の修築につかった石

また、ちょっと横道に入ると、海岸沿いの岩場に入ることができます。はじめはおっかなびっくりだった6歳の娘も、ちょっと慣れてくるとひょいひょいと器用に岩を渡っていきました。

初島の海岸沿いの岩場

初島の海岸沿いの岩場

マリンスポーツをする人々

今回はやりませんでしたが、釣りを楽しむ人やスキューバーダイビングなどマリンスポーツを楽しむ人を見ることができます。

初島は島全体が良質な釣り場になっており、親子で釣りを楽しむ人もたくさんいました。

初島の魅力4.アジアンリゾート気分を味わえる

ハンモックに揺られながらアルコールが楽しめます。

R-Asiaで乾杯

R-Asiaで乾杯

初島アイランドリゾート内にあるR-Asiaは、亜熱帯の植物に囲まれた広々した敷地内にあります。テーブルとハンモックが設置されており、ゆらゆらと揺られながらゆっくりした時間を過ごすことができます。

宿泊者は無料で利用することができ、宿泊者以外の方も入園料を払うことで利用することが可能です。

初島の魅力5.トレーラーヴィラでグランピングができる

グランピングが可能

持ち物不要でリッチなキャンプができます。俗にいうグランピングです。

初島アイランドリゾートでは、2種類のグランピングが楽しめます。アジアンテイストのコテージに宿泊するアジアンリゾートヴィラと、トレーラーに宿泊するトレーラーヴィラです。いずれもシーフードBBQと朝食のホットサンドがついており、キャンプ道具や食材を自分で持ち込む必要なくキャンプを楽しむことが可能です。

宿泊施設のトレーラーヴィラ

今回はトレーラヴィラへ宿泊しました。トレーラーヴィラの外観はこんな感じです。宿泊施設となるトレーラーと、その近くにターフとBBQコンロ、ハンモックがついています。

トレーラーヴィラの外観

トレーラーヴィラの外観

トレーラーの中に入ってみるとテーブル、キッチン、ベッド、トイレやお風呂と普通に生活できる設備が整っています。電源も確保されているので、スマホの充電なんかも可能です。

ベッドはダブルベッドとソファベッド、2段ベッドもあり最大6人まで宿泊可能です。子どもは2段ベッドに大喜びでした。

トレーラーヴィラの内観

トレーラーヴィラの内観

夕食はシーフードバーベキュー

夕食はシーフードバーベキューです。標準でついている食材はこんな感じ。これに焼きおにぎりが一人一個ついてきます。オプションでハンバーガーも頼んでみました。

シーフードBBQの食材

シーフードBBQの食材

見た目ちょっと少なそうですが、とってもビッグなステーキ肉が人数分入っており、お腹いっぱいになりました。(大人三人だとちょっと少ないかも?)

とりあえず焼いてみる

とりあえず焼いてみる

ちなみに、ダッチオーブンに入っている海鮮スープは手を付けずに朝ご飯に回してみました。

朝はホットサンドと海鮮スープ

シーフードバーベキューの夕食に加えて、朝はホットサンドを作ることができます。

朝食のホットサンド

朝食のホットサンド

こちらもせっかくなので、外で調理です。昨日食べきれなかった海鮮スープを一緒にいただきます。嫁さんがこっそりパスタを持ってきてくれていたので、海鮮スープパスタにしていただきました。今回一番おいしかったのは、この海鮮スープパスタかも。

朝食のホットサンドと海鮮スープパスタ

朝食のホットサンドと海鮮スープパスタ

初島の魅力6.熱海の花火大会

熱海では毎月のように花火大会を実施しています。

運よく花火大会の日に初島に宿泊している場合は、初島から熱海の花火大会を観ることができます。

もっと近くで花火を見たい!という人にはフェリーから花火を見ることが可能です。今回運よくフェリーから花火を見れることになりました!

昼のフェリーとは違って、夜のフェリーは周りが暗く海に落ちたら怖いな、、、と思いながら20分ほどで観覧場所へ到着します。

フェリーから見る熱海の夜景

フェリーから見る熱海の夜景

海から見る熱海の夜景は結構きれいです。

肝心の花火はというと、期待以上の綺麗さ。是非一度足を運んでもらいたいです。

熱海会場花火大会の花火

熱海会場花火大会の花火

初島の魅力7.行きがけに廃墟が見れる

最後にマニアックな観点として、熱海港周辺で廃墟を見ることができます。歴史ある温泉街ですが、再開発されずに廃墟になっている建物がいくつかみられました。

廃墟マニアにはたまらないスポットなのかもしれません。熱海 廃墟で検索しようとすると、心霊というワードがサジェストされてちょっと怖いですね。

熱海港近くの廃墟

熱海港近くの廃墟

まとめ

都内から最も近い離島の初島。今回いけませんでしたが、ちょっとした冒険ができるSARUTOBIやマリンスポーツなど魅力がいっぱいです。

実際行ってみると、手ぶらで遊びに行けゆったりした時を感じることができる最高のスポットでした。

是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

参考リンク:初島公式

参考リンク:初島アイランドリゾート

参考リンク:熱海海上花火大会

よろしければ、「いいね!」をお願いします。



忙しいママにおススメの記事

子どもとの時間を確保するために時短家事をはじめてみませんか?

[時短ご飯] 簡単×おいしい×健康で人気の「手作りおかず」を試してみました

-子連れ おでかけ・旅行

Copyright© アドラー心理学 イライラしない、すくすく子育て , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.