アドラー心理学 イライラしない、すくすく子育て

アドラー心理学などから学び、日々悩みながら5歳の娘の子育てを実践しています

IMGP1639

子連れ おでかけ・旅行

これが本当の穴場スポット、吉見百穴

2015/10/09

穴場(あなば)とは、一般にあまり知られていない場所ながらも、良い場所のことである。単に「あな」ともいう。
出典:Wikipedia

今日は、埼玉県の比企郡にある穴場スポットを紹介します。どれくらい穴場かというと、ものすんごく穴場です。

言葉では伝わりにくいので写真をどうぞ。

IMGP1683

え、よくわからない?

穴に近づきすぎて伝わりにくかったですね。

では、ちょっと引きで取った写真をどうぞ。

IMGP1639

穴場ですねー。

ということで、今回は埼玉県にある吉見百穴に遊びにいってきたので、穴場具合を紹介したいと思います。

穴場1.それほど人がいない

ご存知でしょうか?埼玉県比企郡という場所を。

埼玉というだけでマイナーなのに、そこからさらに区や市を飛び越えて、比企郡である。きっと97%の人は知らないと思います。

比企郡は埼玉出身のなおパパですら知らないというマイナーな地域なんです(違ったらごめんなさい。。。)。

当然のことながら、観光客でごった返すこともありません。それでいてかなり楽しむことができるんです。

まさに穴場スポットと呼ぶにふさわしい場所なんです。

穴場2.無数の穴は古墳時代の遺跡である

冒頭に紹介した無数の穴。穴居人の住処か?と思われた人もいると思いますが、実はこの岩山に空く無数の穴は、お墓なんです。しかもかなり古い時代の。

吉見百穴は、古墳時代後期の横穴墓群の遺跡だそうです。古墳時代といえば前方後円墳を思い出す人もいるかと思います。中学校時代の歴史の授業で習ったようなー(遠い目

そんな歴史のある古墳へ、近づくことができ、穴の中にも入れてしまうのが吉見百穴です。パワースポット感が半端ありません。

穴場3.軍需工場跡のトンネルに入れる

古墳だけではありません。太平洋戦争中には飛行機の軍需工場が岩山の地下に作られました。その入り口として、岩山にはトンネルが掘られています。

IMGP1646

今でもトンネルの一部は入ることができ、むき出しの内壁などをさわることもできます。崩落の危険もあるとのことで奥まではいけませんが、探検するには充分な長さのトンネルです。

IMGP1647

また、トンネルの中は涼しく、夏場でもヒンヤリ快適に過ごすことができます。

そんな近代史の歴史と、古墳時代の歴史が交錯する場所が、吉見百穴です。

穴場4.光るコケが見れる

コケって魅力的ですよね。地面を覆ううるおい豊かな緑のじゅうたん。日の光に反射してキラキラ光る姿には感動すら覚えます。個人的にコケがすきなんです。

そんな日の光を浴びて光ると思われているコケですが、吉見百穴に自生するのは暗闇で光るというのです。これは見なければということで本日のメインイベントです。

光るコケは、ヒカリゴケといいます。関東平野でヒカリゴケの自生地は非常に希少になっていて、国の天然記念物に指定されています。

そんなヒカリゴケの貴重な写真がこちら!

IMGP1651

うん、やっぱコケには日の光がよく似合うよね。

穴場5.殿様バッタがたくさんいる公園で遊びまくれる

穴場でたくさん遊んだ後は、併設されている公園で遊ぶことができます。ボールやバット、芝をすべるソリなどが用意されており、自由に使って遊ぶことができます。

当然ここも人が少ないので、そこそこの広さの公園を独占できます!

さらに、埼玉の田舎にあるので、自然が豊かです。9月の時期だったこともあり、トンボが沢山とんでました。

IMGP1792

さらに驚いたのが、バッタです。普段よく見るのはショウリョウバッタですが、ここの公園は違いました。殿様バッタが大量にいました。

殿様バッタ、マジ大きい、、、かなり遠めからみても存在を確認できてしまいます。しかも、飛びまくり。正直ちょっとひくレベルです。

IMGP1733

まとめ

ということで、埼玉県比企郡にある穴場スポット、吉見百穴へ行ってきました。

お近くへ行った際は、ぜひお立ち寄りください。と言っても、お近くに行くことは皆無だと思いますので、ぜひ吉見百穴目当てに足を運んでみてはいかがでしょうか?

あなたへのおススメ記事

子どもとの時間を確保するために時短家事をはじめてみませんか?

[時短ご飯] 簡単×おいしい×健康で人気の「手作りおかず」を試してみました

-子連れ おでかけ・旅行

よろしければ、「いいね!」をお願いします。