予定日超過。陣痛待ちでやったこと

アドラー心理学などから学び、日々悩みながら7歳の娘と0歳の息子の子育てを実践しています

アドラー心理学 イライラしない、すくすく子育て

陣痛待ちやること

0歳児子育て

予定日超過。陣痛待ちでやったこと

投稿日:

立ち会い出産体験記で書いた通り、二人目の出産は陣痛誘発剤を利用したものとなりました。

つまり予定日を超過しても、陣痛が来なかったんですね。

初産で予定日通りに出産する人の割合は、統計的に20人に1人と言われています。二人目の場合は、傾向として予定日より早めに生まれるようです。

なんで予定日超過したのだろう?今となってはわかりませんが、陣痛待ちでやったことをまとめてみようと思います。

予定日超過の陣痛待ちのときに試すとよいこと

mamanokoさんによると、陣痛が来ない場合に試してみたいことには、次のようなものがあるそうです。

  • 家事をする
  • 運動する
  • おっぱいマッサージをする
  • 焼き肉を食べる
  • オロナミンCを飲む
  • カレーを食べる
  • ラズベリーリーフティーを飲む

陣痛待ちのときにやったこと

結果的には自然な陣痛が来る前に誘発剤を利用することになったのですが、我が家でやったことは次のような感じでした。

結構やりつくしてますね。

やるとよいこと やったこと おススメ
家事をする
運動する
おっぱいマッサージをする
焼き肉を食べる
オロナミンCを飲む
カレーを食べる
ラズベリーリーフティーを飲む

家事をする

雑巾がけなどの家事を積極的にしたほうが良いと言われています。

予定日前後に限らずですが、こまめに色々なところを掃除してくれていました。

運動する

出産が近づいてくると、しゃがんだり股関節を開いたりする運動が効果的と言われています。

ここについては、通っていた病院の医師によって意見が分かれていました。

ある先生は、積極的に歩いてお腹を張らせてください。と運動を推進していました。

お腹が張って大丈夫なんだっけ?と思いましたが、赤ちゃんの居心地を悪くさせて出てもらわないと。という話を聞き妙に納得。

また、ある先生は、一人目は問題なく出産できているので普段通りの生活で大丈夫。と言ってくれました。精神的な普段を軽減させるための配慮だったのかもしれません。

最終的には、普段通りの生活を選択したので、それほど積極的には運動をしませんでした。

おっぱいマッサージをする

マッサージをすると効果があるようです。

お風呂上りにやっている姿をよく見ました。

焼き肉を食べる

勝負に勝つ(カツ)的なノリだと思うのですが、焼き肉を食べるとよいようです。

予定日過ぎてから食べにいきました。

妊婦さんは血圧に注意する必要があるので、塩分の取りすぎやご飯の食べすぎに気を付けましょう。

出産時に血圧が130以上で高めな状態が多かったのは、焼き肉が原因だったかも?!

オロナミンCを飲む

都市伝説的に、オロナミンCも良いようです。ジュース以上、栄養ドリンク未満的な位置づけがいい感じなのでしょうか?

そのことを知ったのが夜だったので、23時に買いに走りました。

当時はこれで陣痛が来るのであれば!と思いましたが、今思えば、次の日で良かったんじゃなかろうか?という感じです。

カレーを食べる

カレーが良いという話もあるようです。スパイスの刺激がいいのでしょうか。

カルダモンやガムサマラサなどスパイシーなカレーを作って食べました。

カレーはついつい食べすぎてしまいます。こちらも高血圧につながったかもしれません。

ラズベリーリーフティーを飲む

ラズベリーの葉っぱのお茶です。子宮口を柔らかくする効果があるようです。

出産予定日前後から飲み始めました。

一般的には、3カ月前くらいから飲み始めるとよいようです。直前にがぶ飲みするのはよくありません。

ご利用は計画的に。

西松屋やKaldi、ネット通販で購入できます。結構味もおいしいので、早めに飲んでおけばよかったです。

味が気に入り、出産後も良く飲んでいます。

KaldiやAmazonに売っているYogiティーがおすすめです。

まとめ

振り返ってみると、結構色々やりました。

今となっては何が正解かはわかりません。来るときはくる。来ないときはこない。のかなと思います。

実際色々とやってみて、おススメできるかなと思うのは次の通りです。

  • 家事をする
  • 運動をする
  • おっぱいマッサージをする
  • ラズベリーリーフティーを飲む

ラズベリーリーフティーは早めに飲み始めたほうが良いようなので、計画的にはじめてみましょう。

子育て奮闘中です。応援の「いいね!」をいただけると泣いて喜びますヽ(^◇^*)/



-0歳児子育て

Copyright© アドラー心理学 イライラしない、すくすく子育て , 2018 All Rights Reserved.