川崎病闘病記 1日目

アドラー心理学などから学び、日々悩みながら5歳の娘の子育てを実践しています

アドラー心理学 イライラしない、すくすく子育て

川崎病闘病記

川崎病闘病記 1日目 ~溶連菌へ感染~

更新日:

前日より何だかダルそうにしている娘。

ちょっと気になりつつも、風邪かな?と思い普通に出社。

お昼頃にママより連絡が。

マ:娘が溶連菌に感染しちゃった

会社休んで病院につれていってくれたようです。溶連菌に感染していたらしく、保育園を3日ほど休む必要がある模様。

急ぎ「溶連菌」について調べてみることに。

スポンサーリンク

溶連菌とは

溶連菌とは、主に、A群β溶血性連鎖球菌の事を指し、子どもがかかりやすい感染症です。

クシャミや咳などから飛沫感染するため、感染期間中は保育園や幼稚園へ登園することはできません。

主な症状としては、次のようなものがあります。

  • 発熱
  • のどの痛み
  • 手足の発疹
  • イチゴ舌
  • リンパの腫れ
  • 腹痛

シオノギ製薬のサイトに詳しく書いてあるので、詳細を知りたい方は見てみるといいと思います。

受診後に高熱が

ママにきいたところによると、帰宅後急激に寒がり高熱が出てしまったようです。

40度近くまで上がってしまったので、普段使わないようにしている頓服を使用し、スッと解熱。

パパが帰宅したときは、頓服効果が切れてくるころで、ご飯を食べ途中で「もういい」といいご馳走様をしてしまいます。

お布団で横になって「本を読んで」とママと約束するも、お布団に入ると、本も読みたくないとあっという間に寝付くことに。

普段と少し違う様子が違うかな?と思いつつその日はそのまま就寝しました。

川崎病闘病記 2日目 ~急遽、入院することに~ へ続く

よろしければ、「いいね!」をお願いします。



-川崎病闘病記
-,

Copyright© アドラー心理学 イライラしない、すくすく子育て , 2017 All Rights Reserved.