ものを加工して何かを作る、という成長

アドラー心理学などから学び、日々悩みながら5歳の娘の子育てを実践しています

アドラー心理学 イライラしない、すくすく子育て

日常のひとコマ

ものを加工して何かを作る、という成長

更新日:

最近娘の創作能力がかなりの勢いで上がっているのを感じます。家の中で特に何かをしたわけではないのですが、、、子どもの成長はすごいです。

折り紙を複数枚組み合わせる

折り紙がお気に入りな娘ですが、今までは飛行機などを折って遊んでいました。もちろん飛行機は1枚の折り紙から作られます。

しかし、最近は折り紙を複数枚使った作品を作り始めました。例えば、葉っぱ、茎、花をそれぞれ作ってクラフトテープで貼り付けて地面に生えている花を作ります。

それ以外にも、足を沢山つくって胴体に貼ってタコを作ったりしています。

折り紙と何かを組み合わせる

さらにすごいと思うのが、折り紙と別の何かを組み合わせて一つのものを作ること。

さきほど作ったタコ。どこからか紐を捜してきてクラフトテープでくっつけます。そして走り出す娘。何かと思えば、タコが凧に早替わりです。この発想力はたくましい限りです。

折り紙と何かを加工して組み合わせる

さらにさらにすごいと思うのが、折り紙と別の何かを加工して一つのものを作ること。

折り紙を三角に折る娘。頭にのせて帽子のようにしたいようです。当然動けばすぐに落ちてしまいます。

そこで、娘のヘアバンドを渡して、これの間に挟んでみたら?とアドバイスしてみます。しかし、なかなか安定せずにすぐに取れてしまいます。

難しいね、と話してパパはリタイヤ。別の用事をしようとしばらく目を離していると、なにやら頑張って何かをしている娘。上手くできずに若干イライラしているようです。

自分でやるのをあきらめたのか、「これやってー」と持ってきたのは、ヘアバンドとハサミ。

ちょっちょっ。ヘアバンド半分切れてるしっw

こらっ、だめじゃないか。と怒るのをひとまず我慢します。いったい何をするんだろう?

と思いなおし、要望どおりにヘアバンドを半分切ってみます。きったものを渡すと、嬉しそうに戻っていく娘。

ガサゴソしてしばらくすると。ジャーンッ!と先ほどの折り紙を帽子にして颯爽と登場してきました。

輪っかから線になったヘアバンド。両端をクラフトテープで折り紙に貼り付けて帽子を作ってしまいました。

今まで、何かと何かを組み合わせて作ることはあまりみたことはありませんでした。今回はそれを飛び越えての、組み合わせプラス加工です。

最後に

ずんずんと成長している娘。一度できるようになると、急激に色々なことができるようになります。

最初は、ヘアバンドを切ってしまっても、オー凄い!いいよー。とか言ってますが、頻繁にやられると、やめなさい!と言ってしまいそうです。(というか言っている・・・)

なんとか、娘のやる気を挫かないように広い心でいたいものです。

よろしければ、「いいね!」をお願いします。



-日常のひとコマ

Copyright© アドラー心理学 イライラしない、すくすく子育て , 2017 All Rights Reserved.