アドラー心理学 イライラしない、すくすく子育て

アドラー心理学などから学び、日々悩みながら5歳の娘の子育てを実践しています

cf0f6baf9078cbc1df5143bba508552d_s

論理:アドラー心理学と子育て

アドラー心理学と育児 始めて2週間で変わった3つのこと

2014/11/08

アドラー心理学に影響を受けて、今月から
「怒り」の感情を使わない
「怒り」の感情の替わりに、言葉を使う
を実践してますが、凄く前向きな効果を感じます。

そこで、始めて2週間で変わった3つのことについてまとめてみます。

ママが怒ることが減った!

まず、ママが怒ることが減りました。

きっかけは、パパの未熟さ故にママに怒りの感情をぶつけてしまい、その二日語に今の僕が育児に対してどう考えているかを伝えられたことにある気がします。(ちゃんと確認してないけどね)

また、以前の僕であれば、きちんと話をせずに流してしまっていたことや、怒ってしまっていたケースで、しっかりと話しを聞いて対応できるようになってきたことも大きいと、勝手ながら思っています。

凄くママの頑張りを感じてます。

娘の気持ちの切り替えが上手くなった!!

また、娘も泣いても早いタイミングで気持ちを切り替えてくれるようになりました。

特にしっかりと話しを聞いて気持ちを理解してあげることが出来たときは、今まで泣いていた手のひらを返すようにコロッとご機嫌になったこともありました。そして、僕が伝えたことにも素直に反応してくれます。

また、「xxxしたいー」と自分の要求を押し通そうとする機会が減った気がします。

育児が楽しくなった!!!

そして、まだまだ手探り状態ですが、育児がどんどん楽しくなっています♪

今までは、泣いている時や、ゴネているときにどうしたらいいかマゴマゴしていました。

しかし今はまず怒らずにコミュニケーションをとれるようになりました。こちらがコミュニケーションの姿勢を取ることで相手も向き合ってくれます。

アドラー心理学と育児。1ヵ月後はどうなったでしょうか?1ヵ月後の状況については下記リンクをご覧ください。

参考:アドラー心理学を使った育児。実践1ヶ月で家庭にどんな変化があったのか?

あなたへのおススメ記事

子どもとの時間を確保するために時短家事をはじめてみませんか?

[時短ご飯] 簡単×おいしい×健康で人気の「手作りおかず」を試してみました

-論理:アドラー心理学と子育て
-

よろしければ、「いいね!」をお願いします。